東京都墨田区にあるNPO法人声とことばの力が開発した認知症予防朗読プログラム。組織概要のページです。

団体概要

設立趣意

高齢化率が2025年には30%超、2055年には40%と予想される、超高齢化社会を迎えた日本において、『健康寿命』をどう延伸するか。元気な高齢者を増やし、社会で活躍してもらうにはどうすればよいか、この問題の具体的な解決策となるプログラムや事業が求められています。

 また、既に社会問題となっている「認知症」。2025年には認知症患者は約700万人。東京都の人口の約半数以上になるとも推計されています。認知症は誰もがかかる可能性がある、まさに「長生き病」。だからこそ予防が大切なのです。

 当法人は、(地独)東京都健康長寿医療センター研究社会参加と地域保健研究チームの協力を得て、カルチャー分野で創立以来35年以上培ってきたノウハウを活かし、『声出しや朗読』により認知症予防をはじめ、高齢者の健康増進や生きがいづくりに取り組む新しい活動を介護・福祉の現場で実践するために設立されました。

 今後は日本実験音声学会の協力を得て、さらに高齢者の「声と健康」の問題について研究を重ね、人間として真の健康寿命延伸に必要な「話す」という能力の維持・向上に最適なプログラム開発・普及・人材育成にも取り組みます。

組織概要

組織名 NPO法人 声とことばの力
代表者名 平尾 登紀子
所在地 〒130-0021 東京都墨田区緑4-24-19 日神パレス錦糸町702号室
TEL 03-5669-4688
FAX 03-6803-0377
設立 2016年6月
従業員 理事:7名 監事:1名
業務内容 ・介護予防事業
・介護・福祉事業
・指導者養成事業

私たちの声出し活き生きプロジェクトは「スマート・ライフ・プロジェクト」というプロジェクトに登録しています。

事業報告

アクセス

pagetop