東京都墨田区にあるNPO法人声とことばの力が開発した認知症予防朗読プログラム。声と健康に関する研究のページです。

声と健康に関する研究

「声と健康」に関する研究成果

超高齢化社会をむかえた日本において、真の「健康寿命」を考えるとき、【話せる】という能力は、食べられる、歩けるとともにその3大要素となるべきと考えます。
このたび、「声と健康」というテーマに関する研究グループを立ち上げました。
筑波大学名誉教授・城生佰太郎先生のご指導をいただき、日本実験言語学会と有限会社げんごろうが協力し、まず「声年齢の評定尺度化」に関する基礎研究を行いながら、朗読現場で検証を行います。
なお、本研究会は3カ月ごとに定期的に開かれており、会員相互での活発な議論が展開されています。
【声とことば】という切り口から高齢者の健康を考える、革新的なプロジェクトです!

サウンド・スペク トログラム(SPG)を用いた
音響音声学的研究

研究グループメンバー

城生佰太郎(筑波大学名誉教授)

1946年
東京都生まれ
1971年
東京外国語大学大学院外国語学研究科修了 博士(学術)
現職

筑波大学名誉教授

専攻 実験音声学、アルタイ言語学

日本実験言語学会顧問

日本音声学会評議員、日本歌曲振興・波の会

名誉会員、TBS制作『キャットチャット』監修

著書

『実験音声学入門』、サン・エデュケーショナル、2008

『旅のお供に今すぐ使えるモンゴル語入門』、勉誠出版、2007

『日本音声学研究―実験音声学方法論考―』(平成16年度科研費による助成出版)、勉誠出版、2005

『モンゴル語母音調和の研究―実験音声学的接近―』(平成16年度科研費による助成出版)、勉誠出版、2005

『アルタイ語対照研究―なぞなぞに見られる韻律節の構造―』(平成12年度科研費による助成出版)、勉誠出版、2001

「音声研究の方法」『コンピュータ音声学』(編著)pp,9-45、おうふう、2001

『日本語音声科学』、サン・エデュケーショナル、1998

『実験音声学研究』(平成9年度科研費による助成出版)、勉誠社、1997

『ことばの未来学』、講談社現代新書、1992

『音声学 新装増訂3版』、サン・エデュケーショナル、1992

「現代日本語の音韻」『岩波講座日本語第5巻、音韻』、pp.107-145、岩波書店、1992

『一般音声学講義』2008

勉誠出版と、城生佰太郎・福盛貴弘・斎藤純男編著『音声学基本事典』、勉誠出版 2011

ほか、著書・学術論文多数

高村めぐみ(愛知大学准教授)

出身学校・学位: フェリス女学院大学大学院人文科学研究科 博士(文学) 専門分野・研究テーマ: 日本語教育、音声学/日本語音声指導、日本語の韻律の特徴

桐越舞(大東文化大学非常勤講師)

埼玉県出身。
筑波大学人文社会科学研究科修了、博士(言語学)。
研究領域は実験音声学、専門分野は言語のリズム。俳句・短歌・詩といった韻文の音読を中心に、音響分析や記述調査を行っている。

平尾登紀子(有限会社げんごろう代表)

有限会社げんごろう(言語朗)代表/NPO法人声とことばの力代表。
桜 美林大学大学院言語教育研究科日本語教育学修士。
朗読講師を継続しなが ら、脳梗塞による言語障害を克服してゆく中で、日本社会が抱える高齢化問 題の解決に、長年培ってきた朗読や群読のプログラムが有効であると確信。
(地独)東京都健康長寿医療センターとともに「認知症予防朗読プログラム」 を開発。現在介護予防・福祉分野で指導を行うとともに、指導者養成にも力 を注いでいる。

平尾麻衣子(有限会社げんごろう)

有限会社げんごろう(言語朗)取締役営業部長/NPO法人声とことばの力 事務局長。
筑波大学大学院人間総合科学研究科体育方法学修士。
運動学の知 識を活かし、介護予防・福祉分野で活用できる「声と身体」のトレーニングメ ニューを研究・開発、行政主催の介護予防事業や介護・福祉施設で指導を行 っている。2017年に実験音声学、日本語教育の有識者と共に「声と健康研究 グループ」を立ち上げ、声の健康の評価尺度の作成、言語機能維持・向上に効 果的なオリジナルプログラムの開発も手掛ける。レクリエーション介護士。

pagetop